タダポックスの通販

正常に勃起ができない症状のED(勃起不全)は、様々なことが原因で起こります。ED治療薬で改善が可能です。

ED(勃起不全)の症状とその原因

>ED(勃起不全)

ペニスの勃起が正常にされずに満足なセックスをするのが困難な状態をED(勃起不全)と呼びます。その原因は様々あり、原因によって改善するための方法も異なってきます。EDは年齢に関係なく起こります。若い方でもEDで悩んでいる方は大勢います。

ED(勃起不全)の症状

ED(勃起不全)とは、まったくペニスが勃たないこと以外にも、ペニスが充分硬くならなかったり、性行為の途中でペニスが小さく萎えること(中折れ)も含め 「満足なセックスができない状態」をいいます。

男性の性器は、脳からの信号によって陰茎の動脈に血液が流れ、大きく膨らみます。これが通常の勃起状態です。EDの方は、何かしらの原因があり動脈が正常に広がらなかったり、神経に問題があることで正常に脳からの信号が伝達されず、ペニスがうまく勃起がしません。

日本の成人男性の約25%が、ペニスの勃起に関して多かれ少なかれ悩みがあると言われています。40代以上の中年、高年の方の割合いが多いのですが、10~20代の若者にもEDで悩む方はいます。肉体的な理由はもちろんですが、心理面も影響するなど原因は数多くありますので、年齢に関係せずに起こる問題です。

下記の症状に気づいたら、EDを(勃起不全)疑って下さい。

  • 朝立ちしなくなった
  • 昔と比べてペニスの勃ちが悪い
  • 性行為の最中にペニスが萎える
  • ペニスが充分硬くならない

勃起とは

勃起はペニスが硬くなることを言います。男性が女性とセックスをする上で欠かせない状態です。ペニスが勃起せずに硬くならないのでは、セックスをすることができません。男性は性的な興奮をすることで、勃起をします。この勃起ですが、実際にはとても複雑なことが体の中では起こっています。男性が性的な刺激を受けることで、脳の中枢神経が興奮した状態になります。その興奮した情報をペニスの陰茎に伝えることで、たくさんの血液がペニスに送られます。たくさんの血液によってペニスがパンパンな状態になることで勃起をするのです。勃起は脳とも関係があるのです。

これらの勃起の仕組みが、何かしらの原因で上手くできなくなってしまうことで勃起が持続しなかったり、勃起自体が起こらなくなってしまいます。そのような状態がED(勃起不全)です。

勃起は、性的な興奮が収まることで終わります。興奮が収まることで、勃起を抑制する酵素であるPDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)が増えるので、元通りのペニスの状態にしてくれるのです。ちなみにED治療薬であるシアリスはこのPDE5を阻害することで、勃起力を高める効果があります。

ED(勃起不全)とインポの違い

以前は、ペニスが十分に勃起をしないことをインポ(インポテンツ)と呼んでいました。意味合いとしては、ED(勃起不全)と同じように使われていますが、ここ最近はインポ(インポテンツ)とはあまり言わずにEDや勃起不全と呼ばれることが増えています。

インポ(インポテンツ)の意味としては正確には、性機能障害と呼ばれるものです。ED(勃起不全)の症状を含みますが、それ以外にもセックスをする上での何かの障害がある場合をインポ(インポテンツ)と呼びます。ED(勃起不全)以外だと、早漏や遅漏などの射精障害や性欲がない状態もインポ(インポテンツ)とされます。侮辱的な意味合いがあるとされているため、言葉自体を使用しない傾向があります。

実際に使用している言葉としては、「インポ(インポテンツ)=ED(勃起不全)」と思っておいてよいでしょう。

EDが原因で起こる問題

EDにはセックスをすることに困難があることの他にも様々な問題を引き起こす原因になることがあります。

パートナーとの関係が悪化

パートナーとの関係が悪化

EDが原因で、相手との関係を悪くすることも少なからずあります。せっかく意中の女性と性行為をする機会になったのに、下半身が勃たず相手を不快な思いにさせてしまった、なんて経験ある方もいるのではないでしょうか。また、相手を満足させることが出来ないため、振られてしまったり、最悪の場合は離婚問題に発展することもあります。

精神面で問題が発生

EDの方は、女性に積極的になることができません。その為、どうしても内気な性格になりがちです。ストレスを貯めやすくなり、積もりに積もって精神病に患ってしまう場合もあります。EDになることで、ストレスなどの心因性のEDの原因を増やす悪循環が生まれてしまうのです。

ED(勃起不全)の主な原因は3つ

ED(勃起不全)の原因は、大きく分けて3つのタイプに分別することができます。ストレスなど心理的な要因の心因性ED、血流や神経に起こる問題が原因の器質性ED、それ以外が原因の3タイプです。お悩みの方は、まずは原因をしっかり把握する必要があります。

心因性ED

心因性ED

1つ目の心理的な要因で起こるEDを心因性EDと呼びます。主に日常のストレスが原因であったり、経験不足による緊張、過去のトラウマや体のコンプレックスなども原因となります。身体的には問題がない20代~30代の若い世代に比較的に多くみられるのがこのタイプのEDです。

初めてのセックスの際に緊張して勃起できなかった、ということを耳にしたことがあると思いますが、それは心理的な理由によるものなのです。緊張やプレッシャーによって性的な興奮がうまく神経に伝わらないために起こってしまいます。1度起こってしまうと、「また勃たなかったらどうしよう」などとさらに不安や緊張が高まり、EDを悪化させてしまうのです。

自分で原因がわかる場合は治療もしやすく、カウンセリングをすることで改善もできます。しかし過去のトラウマが原因の場合などは、自分ではなぜ勃起しないのか?原因がわからず治療が困難な場合もあります。なかなか改善が見られないときは、シアリスをはじめとしたED治療薬を服用することで改善することもあります。

また、1度改善すると勃起をしたことが自信となるので、今まで悩んでいたのが噓のように改善するのがこのタイプのED(勃起不全)の特徴です。

器質性ED

器質性ED

加齢、生活習慣病、神経系の障害などによって、血流や神経に物理的な問題が起こることが原因でなってしまうのが器質性EDと呼ばれるものです。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。50才以上の年齢の方が器質性EDになりやすいとされています。昔と比べて徐々に勃ちが弱くなったという方もこのタイプのEDです。

このEDは、原因が重なっていたりすることもあるので、基本的には普段からEDの原因となる病気や生活習慣を正して健康でいることを心がける必要があります。特に動脈硬化の原因を取り除くことが大切です。動物性脂肪が多い食事を控えたり、お酒や喫煙も可能な限り控えた方がよいです。また、適度な運動をすることで肥満を防止することも器質性EDの原因を取り除く方法ではないでしょうか。

加齢は、誰もが避けては通ることができない道です。ただし、同じ年齢でも日ごろの生活によって若さを保つことは充分に可能です。もちろんこのタイプのEDの方もED治療薬を使用することで、セックスを楽しむことは可能です。できる限り自身の力で勃起ができるように努力をした上で、お薬に手伝ってもらうのがよいのではないでしょうか。

その他の原因によるED

その他の原因によるED

その他の原因としては、手術や事故によるものがあります。前立腺がんや膀胱がんの手術をした際ことが原因で、EDになってしまう場合もあります。また、交通事故によって骨盤骨折や脊髄を損傷してしまうこともEDの原因にもなります。

病気の治療薬や抗うつ薬の中には、副作用でEDになってしまうものもあります。治療薬を飲みだしてからEDになった場合は、まずは服用している薬を確認してみるとよいでしょう。

これらのタイプのED(勃起不全)もED治療薬で改善が可能です。ただし、他に服用している薬がある場合は、必ず医師にED治療薬の使用が可能であるかを確認する必要があります。

お酒の影響で勃たない人はEDになりやすい!?

ED(勃起不全)とお酒の関係

お酒を飲むと勃起しずらくなる方は多くいます。お酒を飲み過ぎたいことによって、せっかく意中の女性とのチャンスを無駄にしてしまった方もいるのではないでしょうか。そんな方はED(勃起不全)にもなりやすいんです。勃たなくなる原因、解決策と合わせてご紹介します。

お酒を飲むと勃たなくなる理由

お酒のたくさん飲むことで、アルコールに含まれるエタノールの量が増えることになります。その結果、血中のエタノール濃度が高まります。適度にエタノール濃度が高まる分には、性欲は向上し勃起もしやすくなります。少しお酒を飲んだ時に、些細な事で興奮するのはこのためです。

しかし、このエタノール濃度が一定以上になると、脳から興奮をペニスに伝え血流を良くする中枢神経が抑制されてしまいます。その結果、うまく興奮が伝達がされてなくなってしまうため、ペニスが勃たなかったり、中折れしてしまうのです。

EDの原因になることもある

お酒を飲むと勃たなくなることが続くとそのことがED(勃起不全)の原因になってしまう場合があります。お酒を飲んでせっかくのチャンスにうまく勃起が出来ずにいた経験が徐々にトラウマのようになってしまうのです。「また勃たなかったらどうしよう」などということを考えてしまうとそのことがプレッシャーとなり余計勃起をしずらくなってしまいます。お酒を飲んだ時だけであればよいのですが、徐々に普段も勃起しなかったらどうしようと考えてしまいがちです。

このようなことが原因のED(勃起不全)は、心因性EDと呼びます。考えすぎてしまう方や若い方、プレッシャーに弱い方が比較的なりやすいとされています。

お酒を飲んでも勃起するための解決策

1番確実なのは、お酒を飲む量をほどほどにする、という方法です。エタノール量が増えることでうまく勃起ができなくなってしまうので、エタノール量が増えないようにするのが確実でしょう。ただしシチュエーションによっては、お酒を飲む量をコントロールするのが難しいこともあります。そのような場合は、ED治療薬の力を借りるのもおすすめです。バイアグラとは違い、シアリスはお酒の影響を受けずらくなっています。一つ財布にでも忍ばしておくだけで、いざという時に力になってくれます。また、実際に服用しなくても、いつでもED治療薬を服用すればよいという安心感から、問題なく勃起をする場合もあります。それほど心の問題は、ED(勃起不全)に影響を与えるものなのです。

薄毛の治療薬を飲むとED(勃起不全)になる?

ED(勃起不全)と薄毛の治療薬

薄毛を治療する薬として有名なプロペシアやミノキシジルですが、副作用としてED(勃起不全)になったり性欲が減退する可能性が少なからずあります。これは、薄毛の治療薬が男性ホルモンに作用するために起こる副作用です。薄毛を改善するために、男性として重要な勃起力を損なう可能性があるということを理解しておく必要があります。ただし全ての方に起こる訳ではなく、発症率はおよそ1~2%とされています。せっかく薄毛を治療できてもED(勃起不全)になってしまっては元も子もありません。どうしても薄毛を改善したいのであれば、ED(勃起不全)の原因になる可能性も意識するようにしてください。

もし現在薄毛の治療薬を服用して勃起力の衰えや性欲がなくなったと感じているのであれば、服用している薄毛の治療薬が原因と考えてもよいかもしれません。その場合は、ED治療薬を使用することで改善させることができます。薄毛の治療薬であるプロペシアやミノキシジルは、シアリスをはじめとしたED治療薬と併用しても問題がないとされています。

EDの改善方法

ED(勃起不全)は改善することができます。改善方法は、その原因によっても異なりますので、自分にあった治療方法を行う必要性があります。また可能であれば、根本的にEDの原因を解消することに努めることが大切です。

EDの原因を取り除く

>EDの原因を取り除く

EDになってしまう根本的な問題を解決させることで、EDを改善できる場合もあります。勃起の仕組み自体に問題がない心因性EDなどは、ちょっとした事がきっかけで問題なく性行為ができるようになることもあります。その原因となるストレスを取り除いてあげたり、不安や緊張、コンプレックスが原因の場合は、パートナーにその悩みを理解してもらうことで改善する場合もあります。また、専門の知識を持った方にカウンセリングをしてもらうことで、原因を取り去ることもできます。

血流や神経に問題がある場合は、生活習慣の見直しが必要となってきます。ただし、加齢によって問題が深刻化している場合は、なかなか生活習慣の見直しだけでは治すことも難しいといえます。

ED治療薬を利用する

ED治療薬を利用することで、簡単にEDを改善することもできます。ED治療薬には様々な種類もあります。自分にあった物を見つけてみてください。特におすすめなED治療薬はシアリスです。今1番売れているとても人気のある薬です。理由としては、長時間にも及ぶ効果の継続時間です。最長で36時間に渡って効果が継続します。シアリスにはたくさんのシアリスジェネリックもあるので、価格を抑えたい人にはシアリスジェネリックがおすすめです。

医療機関で購入
医療機関で購入

医療機関では、薬により治療を受けることも可能です。EDの治療に効果的とされるバイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬を処方して貰うことができます。これらの薬を使用することで勃起を促し、セックスを問題なく行うことも可能となります。

専門の知識を持った方にアドバイスを受けることで、安心して薬を服用することができます。ただし、医療機関へ実際に出向く際は、「恥ずかしい」「人にバレる」など不安も多々あるかもしれません。また、医療費やED治療薬の費用も決して安いものではありません。

通販サイトを利用して購入する
通販サイトを利用して購入

ED治療薬は、医療機関以外でも簡単に手にする事が可能です。通販サイトを利用して購入する方法です。通販を利用することのメリットはたくさんあります。まず、誰にもバレずに購入することができることです。また、PCやスマホがあれば、5分もあれば注文が可能です。

費用の面でもメリットもあります。通販サイトでは、日本国内では購入することができないジェネリック医薬品のED治療薬があります。これらは効果は同じでも価格は非常に安価です。特にシアリスジェネリックは種類も豊富で、価格も通常のシアリスと比べて、75~85%OFFの価格で手にすることができます。また、ED(勃起不全)の改善だけではなく、早漏防止効果のある治療薬まであります。豊富な選択肢があるのも通販を利用するメリットではないでしょうか。

ED(勃起不全)の予防方法

ED(勃起不全)に1度なってしまうと場合によっては、根本的な改善は難しい場合があります。その為、勃起不全になる前に予め予防をしておくことで、なりにくい体を作り、なりにくい心を整えることも可能なのです。

ED(勃起不全)は生活習慣を見直すことで、予め予防することが可能です。特に勃起不全の原因としてある器質性EDは、生活習慣が大いに関係しています。若いうちから生活習慣を見直していくことで、年を取ってもED(勃起不全になりにくい体を作ることが可能です。生活習慣の改善として主に見直すべき点は、食事、睡眠、運動です。また、心因性EDはストレスが主な原因にあります。その為、ストレスを軽減させることもEDの予防としてとても重要となります。

食事を改善してED(勃起不全)の予防

食事は健康な体を維持するのにとても重要な要素です。ED(勃起不全)は血液をサラサラにすることで、予防ができます。その為、血液に良いとされる食事を意識的に摂ることをおすすめします。魚類(特に青魚)、野菜(特に玉ねぎ、ネギ、ニンニクなど)、海藻類、納豆などは、血液をサラサラにする働きが高い食品です。逆に脂っこい食べ物は血液の流れを悪くしてしまいます。ファーストフードや揚げ物などが好きな方は注意するようにしてください。

運動をしてED(勃起不全)の予防

運動不足は血行不良の原因になります。血行不良を起こすと充分にペニスに血液が送りこみずらくなってしまうため、ED(勃起不全)になりやすいのです。その為、日ごろから運動を行うことで、ED(勃起不全)になりにくい体を作ることが可能です。日頃あまり運動しないという方は、運動の習慣をつけるようにしましょう。

睡眠でED(勃起不全)の予防

睡眠もED(勃起不全)にとても関わりのあることです。睡眠中に男性ホルモンであるテストステロンが睾丸で分泌されます。起きてすぐに起こる朝勃ちは寝ている間に溜まったテストステロンの影響によるものです。このホルモンは、男性がいつまでも若々しく男性らしくいるのに必要なんです。テストステロンは性欲や性器の発育などにも影響を与えます。若いころ、日常的に勃起をしていたのはこのテストステロンが多く分泌されていたからです。

寝てる間にテストステロンは分泌されるので、出来る限る多く睡眠をとるようにしましょう。特に夜中の10時から深夜2時までが一番多く分泌されます。この時間にきちんと睡眠をとることが、ED(勃起不全)の予防につながります。

ストレスを軽減させてED(勃起不全)の予防

ストレスもED(勃起不全)には大きな影響を与えます。ストレスを抱えていると心因性EDになってしまう原因になります。また、精子はストレスに弱いとされています。その為、出来るだけストレスを減らしてあげることも予防へとつながります。ストレスの原因がわかるのであれば、出来るだけストレスにならないような工夫をするようにしてください。ストレスが多い職場であれば、転職を考えたりするのも1つの方法です。仕事は生活のために重要ですが、その結果辛いED(勃起不全)になってしまっては元も子もありません。

また、どうしてもストレスが溜まってしまう環境を改善できないのであれば、溜まったストレスを定期的に解消するようにするのも効果的かもしれません。ED(勃起不全)は心の病気でもあります。余裕を持った気持ちでいることが、ED(勃起不全)の予防にとっては重要なのです。

亜鉛サプリでED(勃起不)予防

手軽にED(勃起不全)を予防をする方法として、亜鉛を摂取する方法があります。亜鉛が不足することで、血液がドロドロになったり、コレステロール値が高くなってしまったりします。他にも、白髪が増えたり、筋力が落ちたり、疲れやすくなるなどの原因になるのです。亜鉛を摂取することで、これらを改善することが可能なのです。

いつまでも若々しくいることで、体の健康はもちろんですが、男性の大切なペニスも健康でいられるようになるのです。そのサポートに是非、亜鉛を取り入れてみてください。

ED(勃起不全)の原因を知ることが重要

EDの原因

ED(勃起不全)には必ず原因があります。原因に合った対処方法があるので、まずはどうして自分がED(勃起不全)になってしまったかをきちんと知る必要があります。今では、シアリスを筆頭にED治療薬が多種類あり、EDの改善方法として、これらの薬を使うことも1つの手です。多くの方に使われており、勃起不全の改善に効果的です。ED治療薬は、医療機関や海外通販サイト等で簡単に入手可能なため、お悩みの方は1度使用してみてはどうでしょうか。女性に対して積極的に行動することができるように、お守り代わりに常備しておくのも1つの手段です。

タダシップの通販