シアリス情報局 | 3大治療バイアグラ・レビトラ・シアリスの中で世界シェアNo1 | 36時間持続し「ウィークエンドピル」と呼ばれるシアリスの優位性!!

正常に勃起ができない症状のED(勃起不全)は、様々なことが原因で起こります。ED治療薬で改善が可能です。

ED(勃起不全)の症状・原因・改善方法

>ED(勃起不全)

ペニスの勃起が正常にされずに満足なセックスをするのが困難な状態をED(勃起不全)と呼びます。その原因は様々あり、原因によって改善するための方法も異なってきます。EDは年齢に関係なく起こります。若い方でもEDで悩んでいる方は大勢います。

ED(勃起不全)の症状

ED(勃起不全)とは、まったくペニスが勃たないこと以外にも、ペニスが充分硬くならなかったり、性行為の途中でペニスが小さく萎えることも含め 「満足なセックスができない状態」をいいます。

男性の性器は、脳からの信号によって陰茎の動脈に血液が流れ、大きく膨らみます。これが通常の勃起状態です。EDの方は、何かしらの原因があり動脈が正常に広がらなかったり、神経に問題があることで正常に脳からの信号が伝達されず、ペニスがうまく勃起がしません。

日本の成人男性の約25%が、ペニスの勃起に関して多かれ少なかれ悩みがあると言われています。40代以上の中年、高年の方の割合いが多いのですが、10~20代の若者にもEDで悩む方はいます。肉体的な理由はもちろんですが、心理面も影響するなど原因は数多くありますので、年齢に関係せずに起こる問題です。

下記の症状に気づいたら、EDを(勃起不全)疑って下さい。

  • 朝立ちしなくなった
  • 昔と比べてペニスの勃ちが悪い
  • 性行為の最中にペニスが萎える
  • ペニスが充分硬くならない

EDが原因で起こる問題

EDにはセックスをすることに困難があることの他にも様々な問題を引き起こす原因になることがあります。

パートナーとの関係が悪化

パートナーとの関係が悪化

EDが原因で、相手との関係を悪くすることも少なからずあります。せっかく意中の女性と性行為をする機会になったのに、下半身が勃たず相手を不快な思いにさせてしまった、なんて経験ある方もいるのではないでしょうか。また、相手を満足させることが出来ないため、振られてしまったり、最悪の場合は離婚問題に発展することもあります。

精神面で問題が発生

EDの方は、女性に積極的になることができません。その為、どうしても内気な性格になりがちです。ストレスを貯めやすくなり、積もりに積もって精神病に患ってしまう場合もあります。EDになることで、ストレスなどの心因性のEDの原因を増やす悪循環が生まれてしまうのです。

ED(勃起不全)の主な原因は3つ

ED(勃起不全)の原因は、大きく分けて3つのタイプに分別することができます。ストレスなど心理的な要因の心因性ED、血流や神経に起こる問題が原因の器質性ED、それ以外が原因の3タイプです。お悩みの方は、まずは原因をしっかり把握する必要があります。

心因性ED

心因性ED

1つ目の心理的な要因で起こるEDを心因性EDと呼びます。主に日常のストレスが原因であったり、経験不足による緊張、過去のトラウマや体のコンプレックスなども原因となります。身体的には問題がない20代~30代の若い世代に比較的に多くみられるのがこのタイプのEDです。

初めてのセックスの際に緊張して勃起できなかった、ということを耳にしたことがあると思いますが、それは心理的な理由によるものなのです。緊張やプレッシャーによって性的な興奮がうまく神経に伝わらないために起こってしまいます。1度起こってしまうと、「また勃たなかったらどうしよう」などとさらに不安や緊張が高まり、EDを悪化させてしまうのです。

自分で原因がわかる場合は治療もしやすく、カウンセリングをすることで改善もできます。しかし過去のトラウマが原因の場合などは、自分ではなぜ勃起しないのか?原因がわからず治療が困難な場合もあります。なかなか改善が見られないときは、シアリスをはじめとしたED治療薬を服用することで改善することもあります。

また、1度改善すると勃起をしたことが自信となるので、今まで悩んでいたのが噓のように改善するのがこのタイプのED(勃起不全)の特徴です。

器質性ED

器質性ED

加齢、生活習慣病、神経系の障害などによって、血流や神経に物理的な問題が起こることが原因でなってしまうのが器質性EDと呼ばれるものです。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。50才以上の年齢の方が器質性EDになりやすいとされています。昔と比べて徐々に勃ちが弱くなったという方もこのタイプのEDです。

このEDは、原因が重なっていたりすることもあるので、基本的には普段からEDの原因となる病気や生活習慣を正して健康でいることを心がける必要があります。特に動脈硬化の原因を取り除くことが大切です。動物性脂肪が多い食事を控えたり、お酒や喫煙も可能な限り控えた方がよいです。また、適度な運動をすることで肥満を防止することも器質性EDの原因を取り除く方法ではないでしょうか。

加齢は、誰もが避けては通ることができない道です。ただし、同じ年齢でも日ごろの生活によって若さを保つことは充分に可能です。もちろんこのタイプのEDの方もED治療薬を使用することで、セックスを楽しむことは可能です。できる限り自身の力で勃起ができるように努力をした上で、お薬に手伝ってもらうのがよいのではないでしょうか。

その他の原因によるED

その他の原因によるED

その他の原因としては、手術や事故によるものがあります。前立腺がんや膀胱がんの手術をした際ことが原因で、EDになってしまう場合もあります。また、交通事故によって骨盤骨折や脊髄を損傷してしまうこともEDの原因にもなります。

病気の治療薬や抗うつ薬の中には、副作用でEDになってしまうものもあります。治療薬を飲みだしてからEDになった場合は、まずは服用している薬を確認してみるとよいでしょう。

これらのタイプのED(勃起不全)もED治療薬で改善が可能です。ただし、他に服用している薬がある場合は、必ず医師にED治療薬の使用が可能であるかを確認する必要があります。

EDの改善方法

ED(勃起不全)は改善することができます。改善方法は、その原因によっても異なりますので、自分にあった治療方法を行う必要性があります。また可能であれば、根本的にEDの原因を解消することに努めることが大切です。

EDの原因を取り除く

>EDの原因を取り除く

EDになってしまう根本的な問題を解決させることで、EDを改善できる場合もあります。勃起の仕組み自体に問題がない心因性EDなどは、ちょっとした事がきっかけで問題なく性行為ができるようになることもあります。その原因となるストレスを取り除いてあげたり、不安や緊張、コンプレックスが原因の場合は、パートナーにその悩みを理解してもらうことで改善する場合もあります。また、専門の知識を持った方にカウンセリングをしてもらうことで、原因を取り去ることもできます。

血流や神経に問題がある場合は、生活習慣の見直しが必要となってきます。ただし、加齢によって問題が深刻化している場合は、なかなか生活習慣の見直しだけでは治すことも難しいといえます。

ED治療薬を利用する

ED治療薬を利用することで、簡単にEDを改善することもできます。ED治療薬には様々な種類もあります。自分にあった物を見つけてみてください。

医療機関で購入
医療機関で購入

医療機関では、薬により治療を受けることも可能です。EDの治療に効果的とされるバイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬を処方して貰うことができます。これらの薬を使用することで勃起を促し、セックスを問題なく行うことも可能となります。

専門の知識を持った方にアドバイスを受けることで、安心して薬を服用することができます。ただし、医療機関へ実際に出向く際は、「恥ずかしい」「人にバレる」など不安も多々あるかもしれません。また、医療費やED治療薬の費用も決して安いものではありません。

通販サイトを利用して購入する
通販サイトを利用して購入

ED治療薬は、医療機関以外でも簡単に手にする事が可能です。通販サイトを利用して購入する方法です。通販を利用することのメリットはたくさんあります。まず、誰にもバレずに購入することができることです。また、PCやスマホがあれば、5分もあれば注文が可能です。

費用の面でもメリットもあります。通販サイトでは、日本国内では購入することができないジェネリック医薬品のED治療薬があります。これらは効果は同じでも価格は非常に安価です。特にシアリスジェネリックは種類も豊富で、価格も通常のシアリスと比べて、75~85%OFFの価格で手にすることができます。また、EDの改善だけではなく、早漏防止効果のある治療薬まであります。豊富な選択肢があるのも通販を利用するメリットではないでしょうか。

EDについて(まとめ)

EDの原因

今では、シアリスを筆頭にED治療薬が多種類あり、EDの改善方法として、これらの薬を使うことも1つの手です。多くの方に使われており、勃起不全の改善に効果的です。ED治療薬は、医療機関や海外通販サイト等で簡単に入手可能なため、お悩みの方は1度使用してみてはどうでしょうか。女性に対して積極的に行動することができるように、お守り代わりに常備しておくのも1つの手段です。

シアリスの通販